2013年5月25日土曜日

とくしま住民参加型在宅福祉サービス団体連絡会 会則


(名称及び事務局)
第1条 本会は、とくしま住民参加型在宅福祉サービス団体連絡会(以下「とくしま住サ連」という)と称し、本会の趣旨に賛同する県内の住民参加型在宅福祉サービス団体等により構成する。
2 本会の事務局は、徳島県社会福祉協議会内に置く。

(目的及び事業)
第2条 本会は、徳島県内における住民参加型在宅福祉サービスの推進と普及を図るとともに、各団体相互の発展をめざすことを目的として、それぞれの団体の独自性や自主性を尊重しながら、ゆるやかなネットワークを形成する。また、その目的達成のため、次の事業を行い、各団体間の交流と相互研鑽を進める。
(1)団体相互の情報交換を図る事業
(2)会員研修会の開催
(3)住民参加型在宅福祉サービスの普及・啓発事業
(4)その他本会の目的を達成するために必要な事業

(定義及び会員)
第3条 住民参加型在宅福祉サービス団体とは、地域住民の参加を基本として、営利を目的とせず、住民相互の対等な関係と助け合いを基調とし、有償・有料制あるいは時間貯蓄制度、点数預託制度による家事援助、介護サービス等を中心とした在宅福祉サービスを行う団体をいい、本会の会員は、住民参加型在宅福祉サービスを実施する次の団体を代表する者及び本会の趣旨に賛同する者とする。
(1)住民互助型団体
(2)社会福祉協議会
(3)生活協同組合等
(4)社会福祉施設等を運営する団体
(5)NPO法人
(6)その他

(会費)
第4条 会員は、年会費として、法人格を有する団体については3,000円、任意団体等については1,000円を納めるものとする。

(会計)
第5条 本会の経費は、会費、助成金、寄付金及びその他の収入をもってあてる。
2 会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(総会)
第6条 本会は、第3条の会員による総会を開催し、とくしま住サ連の運営に関する事項を決定する。
2 総会は、会員(委任状を含む)の3分の2をもって成立する

(役員)
第7条 本会を運営するために、次の役員を置く。
(1)代表幹事1名 
(2)幹事(若干名) 
(3)監事2名
2 代表幹事は、本会を代表し、会務を総括するほか、会議の議長となる。
3 幹事は代表幹事を補佐し、代表幹事に事故があるときはその職務を代行する。また会務の執行にあたる。
4 監事は、会務の執行状況及び会計を監査する。
5 役員は、総会において会員の中から選任する。
6 役員の任期は2年とし、その再任を妨げない。

(役員会)
第8条 役員会は、年1回以上必要に応じて開催する。
2 この会則に定めるもののほか、本会の運営上必要な事項は、役員会において別に定める。

附則
1 この会則は、平成24年11月17日から施行する。
  設立当初の役員の任期は、平成25年5月31日までとする。

2 この会則は、平成25年5月25日から施行する。